アレルギー

インキンタムシ(陰金田虫)というのは、医学上は股部白癬と言われており、白癬菌が股間や陰嚢(いんのう)、お尻などの場所に感染し、定着した感染症の事であり水虫です。
花粉症というものは、山林の杉や檜、ブタクサなどの木や草の花粉に誘発され、くしゃみ・頭重感・喉の痛み・鼻水などの辛くてゆううつなアレルギー症状を起こしてしまう病気だということができます。
肥満の状態というのはもちろんあくまで栄養バランスや食生活の質、運動不足が要因ですが、量が等しいごはんだったとしても、短時間で終了する「早食い」をし続けたならば体重過多に陥っている肥満(obesity)を招きやすくなると言われています。
栄養バランスのいい食事や運動は無論、体の健康やビューティーを目的として、食事以外に色々な成分のサプリメントを服用する事が常識になっているということです。
お薬やアルコール、合成乳化剤を始めとした食品添加物などの物質を特殊な酵素で分解して無毒化する働きのことを解毒(げどく)と言い、多機能な肝臓が果たす大切な職務のひとつであることは間違いありません。
BMI(体重指数)の計算式はどの国も同じですが、BMI値の評価基準は国家単位で少しずつ異なり、日本肥満学会(JASSO)ではBMI値22が標準、25以上を肥満、18.5未満であれば低体重と定義しているのです。
「いつも時間がない」「粘着質なお付き合いが嫌で仕方がない」「先端テクノロジーや情報のハイレベルな進化に追いつくのが大変」など、ストレスを受ける誘因は十人十色です。
汗疱(かんぽう)は手の平や足の裏、または指と指の間などにプツプツとしたちっちゃな水疱がみられる病状で、通俗的には汗疹(あせも)と呼ばれ、足の裏に出てくると足水虫と早とちりされることが多くあります。
体を維持するのに必要なエネルギー源として速攻で使われる糖、新陳代謝に欠かせないタンパク質など、過度のダイエットではこの2つに代表される様々な活動を維持するために必ず要る要素までも欠乏させてしまっている。
暴飲暴食、肥満、喫煙、運動不足、遺伝、不規則な生活、多忙によるストレス、老化などの様々な誘因が混ざると、インスリンの分泌量が減ったり、働きが悪くなったりしてインスリン注射の必要な2型糖尿病を発症するといわれています。
AED(Automated External Defibrillator)というのは医療従事者ではない人でも利用する事のできる医療機器で、機器から発せられる音声ガイダンスの指示通りに手当することで、心室細動に対しての緊急処置の効き目をみせます。
チェルノブイリ原子力発電所事故の長期間に及ぶ追跡調査の結果において、体の大きな大人よりも若い子供のほうが広まった放射能の有害なダメージを一段と受けやすいことが読み取れます。
演奏会の開催されるスペースやディスコなどに設けられたとても大きなスピーカーの真ん前で大きな音を聞いて耳が聞こえにくくなることを「急性音響性難聴」と呼ぶのです。
むねやけが特徴の逆流性食道炎は、食事の欧米化に加えてタバコを吸う事・お酒を毎晩飲む事・隠れ肥満などのライフスタイルの変化、ストレスによって、殊更日本人に増加している疾患だといえます。
最も大きな内臓である肝臓に脂質やコレステロールが溜まった状態の脂肪肝(fatty liver)という病気は、肝硬変や脳梗塞に始まる非常に多くの病気の原因となる可能性があることをご存知でしょうか。