炎症

薄暗い所だと光量が不足してものが見えにくくなりますが、より一層瞳孔が開くため、眼球のピントを合わせるのに不必要なパワーが使われ、光の入る所で物を眺めるより疲れやすいです。
患者が増えつつある逆流性食道炎は、3〜4日くらいきちんとお薬を飲めば、大抵、90%近くの患者さんの自覚症状は無くなりますが、そうは言っても食道粘膜の炎症そのものが引いたとは断言できないので注意が必要です。
下腹の疝痛を主訴とした主な病気には、大腸粘液が複数個所突出する大腸憩室症、尿路に石ができる尿路結石症、原因不明の難病である潰瘍性大腸炎、重篤な症状を示す急性腹膜炎、女性特有の疾患など、様々な病名がみられるでしょう。
紫外線を浴びると生成されるV.D.は、Caの吸収を助けるという性質で有名であり、血液中のカルシウム濃度を操作して、筋肉の機能を調整したり、骨を生成したりしてくれます
脳卒中のクモ膜下出血は80%以上が脳動脈瘤と呼ばれる血管が変形してできる不必要なコブが破れてしまうことにより罹患する命にかかわる病気として知られるようになりました。
日本における結核対策は、1951年に生まれた「結核予防法」に沿って実施されてきましたが、56年後の平成19年からは異なる感染症と等しく「感染症法」という名前の法律に基づいて遂行されることになったのです。
人間の体を維持するのに必要なエネルギー源としてすぐに役立つ糖質、細胞の生まれ変わりに欠かせないタンパク質など、度の過ぎた痩身ではこれらに代表される活動をキープするために絶対必要な成分までもを減らしてしまう。
いんきんたむし(陰金田虫)とは、医学上では股部白癬(こぶはくせん)と言い、カビの一種の白癬菌が陰嚢、股部、臀部などの部位に感染し、寄生してしまう感染症のことで俗に言う水虫のことです。
急性中耳炎(きゅうせいちゅうじえん)とは、一番代表的な中耳炎で比較的子どもに発症しやすい病気です。激しい耳の痛みや38度以上の高熱、ひどい鼓膜の炎症、膿が出てくる耳漏などの色々な症状が発生します。
耳の中の構造は、外側から順番に「外耳(がいじ)」「中耳(middle ear)」「内耳(inner ear)」に大別することができますが、中耳の部分にばい菌やウィルスなどが付いて炎症が発生したり、体液が溜まる病を中耳炎と言うのです。
急性腸炎(acute enteritis)は、大方は腹痛・吐き気・嘔吐・腹下しの症状が出る程度で治まりますが、バイ菌の感染による腸炎の場合は強烈な腹痛・長引く吐き気・何度も繰り返す嘔吐・水下痢に加えて38℃以上の高い発熱が違いです。
男性の生殖器である前立腺はその成長や働きに雄性ホルモン(男性ホルモン)が密接に関係していますが、前立腺に発生したがんも同様に、雄性ホルモン(男性ホルモン)によって肥大化してしまいます。
流感とも呼ばれるインフルエンザに適した効果的な予防策や医師による治療といった必ず行う対策そのものは、季節性インフルエンザでも新型のインフルエンザでも同じなのです。
物を食べる時は、食べたいと感じた物をなんとなく口に入れたら幾度か咀嚼して後は嚥下するだけだが、その後も身体は実にまめに活動し続けて食物を体に取り込むよう努めている。
チアミン不足が原因の脚気の症状は、両手両足が麻痺したり下肢の著しい浮腫みなどが標準で、病状が進むと、最も重症の場合、呼吸困難に至る心不全を誘引する可能性があるということです。