月別アーカイブ: 2017年4月

疾患

「体脂肪率(body fat percentage)」というものは、全身の脂肪の蓄積している比重のことを指し、「体脂肪率(body fat percentage、percent of body fat)=体脂肪の量(キロ)÷体重(キロ)×100」というシンプルな数式で算出されます。
WHOは、有害なUV-A波の無理な浴び過ぎは皮ふ疾患をもたらすとして、18歳以下の人がファッション感覚で日焼けサロンを使用する行為の禁止を強く世界中に喚起しています。
頸椎などが痛むヘルニアとは正式には椎間板ヘルニア(ついかんばんヘルニア)といい、背骨と背骨の間に存在してクッションのような役目を果たしている椎間板(ツイカンバン)という円形の線維軟骨がはみ出た症状を表しています。
胃食道逆流症(GERD)の一つである逆流性食道炎は、食事内容の欧米化に加えて煙草を飲む事・アルコールの習慣・体重過多などの生活習慣の変化、ストレスなどに縁って、今日本人に多く発生している疾患なのです。
ブラッシングで、当事者がセラピーキャットを可愛いと思うことによって「愛情のホルモン」とも呼ばれるオキトキシンが分泌されて、ストレス緩和や癒しなどに繋がっているのです。
バイク事故や建築現場での転落事故など、著しく大きな圧力が体にかかった場合は、複数の位置に骨折がみられたり、骨が外部に露出する複雑骨折となったり、加えて臓器が破損してしまうこともままあります。
急性中耳炎(きゅうせいちゅうじえん)とは、最も症例の多い中耳炎で乳幼児に発症しやすい病気です。耐え難い耳の痛みや38度以上の発熱、酷い鼓膜の炎症、膿が出てくる耳漏などのいろいろな症状がみられます。
耳鳴りには性質の異なる2種類が存在し、本人だけに感じられるという特徴を持った「自覚的耳鳴り」と、血流の音などのように本人と他の人にも高性能のマイクロホンなどを利用してみると聞くことができるというタイプの「他覚的耳鳴り」とがあり、処置の仕方が変わります。
脳内のセロトニン神経は、自律神経のバランスを調整したり痛みの鎮圧、様々な分泌物質の覚醒などをコントロールしていて、大鬱病の方ではその力が鈍いことが明らかになっているのだ。
環状紅斑は環状、所謂輪っかのようなまるい形をした真っ赤な発疹や鱗屑(りんせつ)など、皮ふ疾患の総合的な名前ですが、その素因は余りにも多種多様だといえます。
骨折したことにより酷く出血した場合、急に低血圧になって眩冒や冷や汗、悪心、意識喪失などの脳貧血が出る時もあります。
ただの捻挫だと勝手に決めつけ、湿布を貼って包帯やテーピングなどで適当に固定し、様子をみるよりも、応急処置を済ませてから迅速に整形外科医に診てもらうことが、完治への近道だといえるでしょう。
お酒に含まれるアルコールやお薬、合成発色剤を始めとした食品への添加物等を酵素で分解し、無毒化する働きの事を解毒と称しており、多機能な肝臓が担っている非常に大事な務めのひとつです。
3種類のアミノ酸からできているグルタチオン(Glutathione、GSH)は、細胞の機能を鈍くしたり変異を誘引する有害な物質を体の内側で解毒し、肝機能を強める働きが確認されています。
BMI(体重指数)の計算式はどの国も同じですが、値の評価基準は国家単位で異なっており、JAPAN SOCIETY FOR THE STUDY OF OBESITY(JASSO)ではBMI22が標準、25以上は肥満、18.5未満だと低体重と決めています。

酷い腹痛

20〜30才代で更年期が訪れたとすれば、医学的な言葉で表現すると「早発閉経(早期閉経)」という病気のことを指します(我が国の場合40歳以下の比較的若い女性が閉経することを「早発閉経(そうはつへいけい)」と呼んでいるのです)。
塩分や脂肪分の大量摂取を避けた上で自分に合った運動を行い、ストレスを蓄積しすぎないような日常生活を続けることが狭心症を招く動脈硬化を予め防ぐ知恵です。
急性腸炎(acute enteritis)は、その大半が腹痛・悪心・下痢の症状がみられる程度ですが、バイ菌の感染が原因の場合は酷い腹痛・長引く悪心・繰り返す嘔吐・水下痢の他に38℃以上の高い発熱が相違点です。 続きを読む

新薬

日本における結核対策は、1951年に生まれた「結核予防法」に拠って実施されてきましたが、2007年から違う感染症と同じように「感染症法」という名の法律に沿って遂行されることとなりました。
痩身目的で1日の総カロリーを控える、食事をわざと残す、そのようなライフスタイルがひいては栄養までもを不足させ、酷い冷え性を誘引する事は、頻繁に問題視されています。 続きを読む