コーヒー

ハーバード大学医学部の調査データによると、一般的なコーヒーと比較して1日あたり2杯よりも多くカフェインレスコーヒーで代用すると、驚くことに直腸がんの発症率を5割も減少させることができたらしい。
季節性インフルエンザを予防するワクチンでは、数多くの研究によって、予防の効能を期待できるのは、接種の2週後位から約150日間くらいということが分かりました。
「いつも時間に追われている」「面倒な色々な人間関係が嫌でたまらない」「テクノロジーやインフォメーションの著しい進歩になかなか追いつけない」など、ストレスが蓄積されてしまう素因は人によって異なります。
ブラッシングなどで、被介護者が猫のことを愛おしく感じることで「優しさのホルモン」とも呼ばれるオキトキシンが分泌され、最終的にはストレスを低減したりヒーリングなどに結びついています。
内臓脂肪症候群であるとは断言されていなくても、内臓脂肪が多く蓄積してしまう特性のよくない体重過多に陥ることにより、深刻な生活習慣病を引き起こしやすくなります。
BMI(体重指数を算出する式はどこの国でも同じですが、数値の位置づけは国家によって違いがあり、JAPAN SOCIETY FOR THE STUDY OF OBESITYではBMI22が標準体重、25以上の場合だと肥満、18.5未満を低体重と決めています。
黴菌やウィルスなど病気をもたらす病原微生物が口から肺に侵入して発症し、肺そのものが炎症反応を起こした病状を「肺炎」と称しています。
脚気(かっけ)の症状としては、主に手や足が何も感じない麻痺状態になったり下肢の著しい浮腫などがよく訴えられ、症状が進行すると、あろうことか呼吸困難に陥る心不全も齎す可能性があるとのことです。
耳鳴りには種類があって、本人しか聞こえないタイプの「自覚的耳鳴り」と、血液の流れなどのように当事者以外の人にも高品質なマイクロホンを使用すると聞こえてくる点が特徴の「他覚的耳鳴り」があるそうです。
肥満(obesity)の状態というのは言うまでもなく食生活の質や運動不足が素因ですが、量が等しいごはんであったとしても、せっかちに食べ終わる早食いを日常化することで体重過多に陥っている肥満(obesity)の状態を招きやすくなります。
一見すると「ストレス」は、「なくさなければいけない」「取り去らなければいけない」と判断しがちですが、本当のところは、人はこうしたストレスを感知するからこそ、活動していくことに耐えられます。
栄養バランスの優れた食事や体を動かすことはもちろん、ヘルスアップやビューティーアップを目的とし、特に欲しい栄養を補うために色々なサプリメントを利用する事がまったく珍しくなくなっています。
HIVを保有した血液や精液、腟分泌液、母乳、唾液といった類の体液が、交渉相手や看病する人などの傷口や粘膜部分に触れれば、感染するリスクがあるのです。
基礎代謝(きそたいしゃ)は人間が横たわっていても使ってしまうエネルギーのことで、大半を様々な骨格筋・臓器の中で一番大きな肝臓・脳の3種類で消費しているというのが今や常識となっています。
赤ちゃんが受ける予防接種の不活化ポリオワクチンは、現在まで採用されてきた生ワクチンに変わり、平成24年9月以降は原則無料の定期接種として導入されるため、に変わりました。