不可避性・奪い合い

現実には『国家・武装集団の最高権力者』は『一兵卒(雑兵)やその家族の死』を惜しんだり讃えたりしつつも、

自分の価値が一兵卒とは同じと思って いないので罪悪感や自責感で苦しむことは少なく、何らかの思想・理念・世界観によって戦争も戦死者も正当化している可能性が高いでしょう。
しかし、戦争の難しいところは『死ぬ側の人間』でさえも自己犠牲や生命を超えた理念に共感・納得して自ら死地に向かうことがままある(そこに至る までの教育・情報・文化・慣習・宗教・民族の影響が何段階にも積み重ねられているとしても)ということであり、社会的動物である人間の本能として『集団単 位の帰属感と大義名分(敵との闘争の不可避性・奪い合い)』に何らかの意味や信念、ロマンス(物語性)を感じ取って高揚してしまいやすいということです ね。
“アップルペイ”など電子決済サービスの増加と規格のガラパゴス化 ネット通販の拡大やクレジットカードの発行枚数の増加などにより、現金決済ではない電子決済をする人・機会が増えているが、アップル社もiPhone6から『アップルペイ』というNFC(非接触型)形式のおサイフケータイのような電子決済サービスを導入することになった。