知財競争

恐らく詳細の手順とか細かい条件などは関連特許の絡みで理研が隠してるわけで、
今後の研究で多岐にわたると思われる

関連特許をどれだけの範囲で取 れるかという知財競争の行方もあるわけです。
それで理研側も多少慎重になってたが、 不倫調査 長野STAP細胞自体がいろんな意味で画期的なもので胡散臭いものでもあっ たため、騒ぎがここまで大きくなるとは思ってなかったというのが実情のような気がしないでもない。
一番の問題は信頼の出来ない論文だったということですが。
ここらへんも化かし合いの要素があって、理研に公開を迫って、再現すれば他の国や機関が関連特許を取得の可能性もあり得るわけで、下手に騒がないほうがいいと思います。
こういうのに踊らされて、捏造騒ぎで公開を迫った結果、お金になる関連特許が取れませんでしたというのが一番本末転倒なわけでw
何が言いたいかといえば、論文が杜撰≠STAP細胞の捏造なわけで、今後の追試や研究で事実を証明するのが優先で、時間はかかるとは思いますが、きちんとした論文やデータの公表か、もしくは捏造なら捏造できちんとした調査結果を発表するのを待つしかありません。