給与のベースアップ

国際的にそれが企業評価と連動しているのが問題なんだと思います。 これを、麻生副総理の言う「もっと給与に回す」為には、決算方法の変更と、

現在政府が検討している、給与に利益を回したら、減税するってのを早く法案を通して成立させるべきだと思います。 また、企業側も、給与のベースアップがしたくなければ、賞与の回数を2回/年じゃなく、4回/年にして、給与に近づければいい話し。
そうすれば、給与をもらう側も、纏まった金が入るので使いやすくなる。 給与にするとどうしても、計画出費に回って、貯金になり易い。 ボーナス商戦に皆が金を使うのは、纏まった金が入るからで、使いやすいんですよね。 普段の支払いとは別に管理できるから… そういう考え方も、していくのは企業も考えればいいのに。原発の廃止のゼロベース見直しについては、賛成します。 冷静になって考えれば、福島第一は事故発生。 では福島第二はどうだったか? 福島第二は大丈夫だった。 女川は?これも大丈夫だった。